ホーム > ワークアップの不織布マスクはBFE99.9%以上

弊社不織布マスクはBFE99.9%以上
(日本化学繊維検査協会試験)

BFE

【BFE検査とは?】

BFEとはBacterial Filtation Efficiencyの略で、日本語では、バクテリアろ過効率といいます。一般に医療機関で使用される不織布マスクはBFE95%以上が基準となっていますが、弊社の不織布マスクは99.9%と高い数値が証明されております。

マスク製造業者にとっては、この検査を行う以上、常に同じ製造工程で製造された不織布原料を使用し、同じ工程で加工すること、また自社の供給量をオーバーするからといって安易に外注に出さないなど、厳格な製造管理が必要です。
安価なマスクにおいては、外注や、余りの原反生地など、安い不織布原材料を使用している場合も多く、中には検査をパスした後は、品質の悪い原料を使ってマスクを製造しているケースも見受けられます。

BFE検査結果を製品に記載する以上、企業倫理として、
厳格な品質管理を行うものでなければいけないと弊社は考えます。

中国生産工場

日本的管理のもと、中国最高品質をめざし作られたマスクだから安心。

原材料の調達、加工、検品、保管まで、徹底的にこだわりました。

口につけるものだから、食品加工工場レベルの品質管理を徹底しました。

毛髪混入防止からその他の異物混入リスクも徹底的に排除しています。

当然1事故1億円までのPL保険にも加入しております。

安心の内装!(清潔、においが移りにくい)
原材料から安心できるものだけを使っているから、安心してご使用いただけます。

 

▲画面の上部に戻る

 


・ホームへ戻る

・マスク生産に対する想い

・自社マスク工場案内

・生産現場の様子

・商品について

・弊社のマスクはここが違う

・従来製マスクとの比較

・BFE99.9のマスクとは

・安全性へのこだわり

・個包装マスクについて

・弊社はお約束します!

・豆知識コラム

・マスクの効能・性能

・弊社WORKUPのご案内

 

 

・お問合せ・お見積りフォーム

取り扱いマスク

・BFE99.9以上の不織布マスク